皮脂が多いのが気になって、脂取り紙を何度も使っているのに、どうしてもテカってしまうという人はいないでしょうか。意外なようですが、実はそれは肌が脂っぽいからではなく、乾燥肌が原因で起こっているのです。

特に冬のように乾燥が激しい時期は、肌は水分の蒸発を防ごうとして、皮脂をたくさん出すようになり、そのため、肌がテカテカした感じになってしまうのです。皮脂の過剰分泌を防ぐには、乾燥肌スキンケアを行うのがお勧めです。

この場合まず気を付けたいのは、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使わないということです。洗浄力の強いアイテムは、肌のバリアを壊してしまい、ますます乾燥するもととなってしまいますので、マイルドな効果の物を使うようにしましょう。メークをきちんと落とした後は、乾燥肌スキンケアの王道ともいうべき、保湿力の高いアイテムでのケアが必要です。化粧水と美容液で、肌をしっかり潤わせてあげることで、余分な皮脂の分泌を防ぐことができます。保湿力の高いアイテムといえばクレアルがオススメです。

しかし、化粧水と美容液だけではまだ十分ではありません。今度は、与えた水分を閉じ込める働きのアイテムが必要です。それにはクリームが効果があります。クリームと聞くと、余計に皮脂が出そうでためらう人も多いかもしれません。しかし水分を閉じ込める役割のアイテムがないと、せっかく与えた水分がどんどん蒸発してしまいます。最後にはきちんとクリームをつけるようにしましょう。この乾燥肌スキンケアを続けることにより、皮脂によるテカりもかなり改善されるはずです。