痛風とは血液の中の尿酸が結晶化して痛みを伴う関節炎を発症する病気のことです。尿酸結晶が血管の壁を刺激して、激痛を引き起こすことも多々あります。

痛風の原因になる尿酸はもともとは体内にある物質です。何らかのきっかけで尿酸の排泄が滞ると、痛みや炎症を引き起こすことにつながってしまいます。尿酸の排泄がうまくいかなくなってしまう原因として考えられるのは、肉を中心とした食生活、食べすぎ、飲酒の習慣、肥満などがあります。

血液がドロドロになると痛風を発症する確率も上がってしまうのです。痛風になるのを回避するためには、アルコールの摂取を控えること、栄養バランスのとれている食事を腹八分目摂取するように心がけること、一日2リットル程度の水分は摂取するように心がけること、散歩やジョギングなどの軽い運動を毎日するように心がけることなどが大切になってきます。

にんにく卵黄は痛風の人でも利用することが出来ます。またにんにく卵黄は、実は痛風の予防にも効果的なのです。にんにくの中に含まれている有効成分であるアホエンは血栓を防止します。痛風の症状

にんにくにはアリシンという成分が含まれていますが、このアリシンを加熱するとアホエンに変化します。このアホエンは動脈硬化につながってしまう血栓を予防し、血液をさらさらにする効果を期待することが出来ます。またにんにく卵黄に含まれている、抗酸化成分であるポリフェノールにも同様の効果を期待することが出来ます。